6 読書リゾート
  [初出] 2003.05.17  [最終更新]  [平均面白度] 5  [投票数] 4  [コメント数] 1
休日には終日快適に本を読んで暮らすことができたら、どんなにかいいだろう。そんなことを考えていたら以下のような夢想が浮かび上がってきた。

「読書リゾート」。なあに、なんのことない、プチホテルないしはペンションなんだけど、宿泊客がこころゆくまで読書三昧の休日を堪能できる場所があれば、押すな押すなの大盛況まちがいなし。

どうよ? 読書リゾート。

場所は静かな山間地。森の中のちいさな宿泊施設。まず、基本は宴会禁止。さて寝ようかと思ったときに、隣室から高歌放吟が夜更けまで延々続くなんてことは一切ない。とっても静寂。でも意外に“近場”なんだよね。

もちろんお子様お断り。うるさいからね。ついでにギャルも。気が散るといかんから。

喋りたい場合は「談話室」に行く。ま、全館静かにしましょうね、ってのが暗黙の了解。

んでね、ベッドは介護用のそれのように、電動で頭の部分が持ち上がったりするの。で、ベッドサイドには、バイオライトが設置されていて、とっても明るい。サイドテーブルが工夫されていて、重い本でも持たなくても読みつづけられるようになっている。つまり書見台の機能付きだ。

書き物をする人もあるだろうから、ちゃんとしたデスクがあって、そこにはEthernetのコネクタがでていて、インターネットは使い放題。デスク前にあるのは、アーロンチェアなど、高機能チェア。

1階のロビーとテラスには安楽椅子がいくつもおいてある。もちろんオットマン付き。ちょっと目配せすると、マティーニでもチンザノでもすぐに持ってきてくれる。

そうそう、ロビー横の図書室には国語辞典、各種外国語辞典、百科事典、地図、年表、図鑑、etcと、要するにリファレンスブックだね。そういうのが小規模ではあるが、キチンと揃っている。持ってきた本が、予想に反してすべっちゃうことや、読みくたびれることもあるかもしれないから、「噂の真相」とか「芸術新潮」とかがさりげなく置いてあるのもいいかもしれない。

食事なんて、程度問題ではあるけど、ま、どうでもいいんです。特に一部の旅館のように、舟盛りだのなんだの、喰いきれないほど出てくるわけじゃない。適量。酒池肉林を求めて行くわけじゃないしね。蟹と松茸食べ放題なんて、もってのほか。

部屋のなかには冷蔵庫なんて、置いてない。ぶ〜んという音がうるさいからね。テレビもない。そのかわり、深夜までルームサービスがある。そりゃたいしたものは出ませんよ。紅茶とか菊花茶とかワインとか、はたまたラスクとかチーズとかサンドイッチ程度。だって深夜、本を読んでいると、ちょっと小腹が減ってくるってこともあるでしょう。

プリンタとかファックスとかもちゃんとコンソルジュに完備されていて、従量で費用は負担しなくちゃならないものの、もし何とかしなくちゃならない場合にはしっかり対応できる。

ロビーにコンピュータもあるといいね。だってパソコンを持ってこない人もいるでしょ。そういう人が深夜、ちょっと気になる箇所が出てきて、Webで調べたいと思ったら、ちゃんと調べられるように。

24時間、本ばかり読んでいるわけにもいかないかもしれないから、近くには散歩ができるような森の小径もあるし、小さな滝のある渓流もある。

でね。費用は安いの。少なくとも、連泊すると2泊目からはグンと安くなる。つまりお客は“滞在型”なんだよね。宅急便とかで、読みたい本やノートパソコンを先に送っておける。

小さいけど、温泉があって24時間、いつでも好きな時に入浴できる。冒険小説に疲れたら、温泉でくつろぐ。

従業員は気が利くけれど、喋りかけてきたりはしない。「あ、こいつ、渡辺淳一読んどる、あほちゃうか」などという表情は、絶対しない。

どうよ? 読書リゾート。いいでしょ! 行ってみたいでしょ。

と、ここまで考えてきて、実現可能性をさぐる。

確かに読書リゾートは魅力的だ。しかし、それはぼくが客である場合に限るかもな。あ〜、どっかにこんな読書リゾートがないかなあ。(これは2001年10月28日の記事を再録したものです)

《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」4件、「平均面白度」5≫

いただいたコメント

早瀬 敏 さんによるコメント
管理者 様



 いいですね。読書リゾート。具体的な場所情報はあれ以来あったで

しょうか?私も日頃からそんなことを夢想していました。私は戦後生

まれのくせに、それを考える時はいつも日本旅館風のものが浮かんで

きてしまいます。川端康成の雪国や伊豆の踊子の映画等でイメージす

るものです。でも貴方の文章でやっと、ペンション風のイメージも浮

かんできました。日本旅館風でも悪くはないですが、畳の間ではいつ

の間にか寝てしまいそうです。介護風の背凭れ角度が変わるのはいい

ですね。ついでに、身近なところに読書OK喫茶店がありません。そ

のため、インターネットカフェを代用することもありますが、あくまでも代用です。その喫茶店のサイトがあったら教えてください。

                  早瀬[2006.10.30  #389]

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません