1 地中海の声
  [初出] 03.03.25  [最終更新]  [平均面白度] 3.78  [投票数] 9  [コメント数] 0
われわれが少年のころはラジオの深夜放送が流行していた。勉強と称して夜更かししてラジオを聞きふけっていた。勢い、ラジオってものへの親密感が大きくなり、目的の番組以外にもいろいろな局にダイアルをあわせたりした。

当時、大出力でよく聞き取ることのできたラジオ局の中に、北京放送、モスクワ放送があった。中国やソ連からの日本向け放送である。そのころはもちろんバリバリの冷戦時代であり、それらの放送はプロパガンダ臭が強いものだったが、それでも少年のエキゾチックなあこがれがかき立てられる部分もあった。

今はいっそうマイナーな趣味になったようだが、当時はBCLを趣味とする少年たちが少数ながらいた。BCLとは「Broadcasting Listener」の略であるから、オールナイトニッポンを聴いていたぼくらも立派なBCLでありそうなもんだが、わざわざBCLなんていっちゃう場合は、主に短波ラジオで海外の放送局を聴くってことが興味の中心になる。

短波放送を聴くためには短波ラジオもいるし、微弱な電波の局をきちんと聞き取るためにはアンテナなどの設備もいる。そうして受信した局へ受信レポートを送ると「ベリカード」という絵はがきのようなものが送られてくる。BCLの楽しみは(想像するに)珍しい局をハント、コレクションする喜びであり、ベリカードを収集する楽しみであるのだろう。

ぼく自身は短波ラジオも持っていなかったし、指向性もどっかずれていたようで、この趣味に手を染めることはなかったが、友人に色とりどりのベリカードコレクションを見せられて、気持ちのどこかが大いに刺激されたこともあった。

その流れがひとつ。

もうひとつ。

一人でクルマを運転している時には、たいていNHKの第一放送を聴いている。民放のラジオ局の放送はどうもハイトーン・ハイテンポ・ハイテンションで聴いていて疲れてくるし、FM局は音楽が中心になるから、曲によっては運転のリズムやテンポを大きく崩される。危ない。NHKラジオはおしゃべりが中心であり、会話はゆっくりしたものが多いから、運転の邪魔にもならないし、なにやら気分がゆったりしてくる。電話相談なんかで、ペンキの塗り方を解説していたりすると、嬉しくなってしまう。

番組の名前も知らないんだけれど、NHKラジオで世界各国の在留邦人からのレポートを放送するってものがある。「アブダビでは今、どのような天気ですか」「えー、抜けるような青空で気温はすでに30度あります。今日は在アブダビ日本人会の運動会でして……」などというようなやりとりが続く。

これがなかなかいいんですね。適度にエキゾチックで、適度に脱力で。

これがふたつめ。

このふたつの前提があったせいか、偶然そのURLを見つけた時は嬉しかった。VOMradio.com地中海の声。地中海に浮かぶ小さな島国マルタ共和国の海外向けラジオ局のWebサイトである。この局は週に一度日本向け日本語放送を行っているのだが、このサイトではMediaPlayer形式でその放送のアーカイブがあるのだ。

この放送を聞くためにはWindows Media Playerが必要である。日常的に使っている環境であるMac OS Xでは、長いことこのソフトがなかったが、最近ようやくダウンロードすることができるようになった。ただ、サイトの日の丸をクリックするだけではエラーがでて、再生することができない。そこで日の丸を選択してコンテクストメニューを出し、「リンクをクリップボードにコピー」しておき、Windows Media Playerのファイルメニュー「URLを開く」で、そのURL欄にペーストする。

これで「放送」がはじまる。「バッサロ・マユコ」(と聞こえる)という女声アナウンサーによりゆっくりとしたテンポで進んでいく。昨今はマルタのEU加盟についてがトップの話題だが、それ以外にもマルタの音楽をかけたり、家庭料理を紹介したりと多彩である。なんとも地味で、なんとものどかな感じがする放送だ。

原稿を書いているような時にはかけられないが、単純反復作業を行っているような時には最適のパートナーになる。

マルタのことはほとんど何も知らない。前にタマゴ消費の国際比較をしたさいに、マルタが首位戦線に食い込んできているということに驚いたという記憶くらいしかない。あとはマルチーズの原産国であるという説があることと、ゴルバチョフvsパパブッシュのマルタ会談、マルタの鷹くらいしか連想されてこない。

そんなぼくにでも、この番組は楽しめる。いや、内容がどうのこうのというよりも、この60分の時間が作りだすゆったりとした雰囲気が気に入っているのだろう。

この番組を見つけたことは、近来のシアワセのひとつであった。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」9件、「平均面白度」3.78≫

いただいたコメント

現在この記事に関するコメントはありません
  #

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません