9 わしたとムイオット
  [初出] 01.08.6  [最終更新]  [平均面白度] 4.67  [投票数] 3  [コメント数] 0
銀座に出かける機会があったので、ちょっと足を伸ばして沖縄県のアンテナショップ「わした」に寄った。ホンマモンのコーレーグースを買うためだ。

知らないで行ったのだが、ちょうどバーゲンセールの期間で、全品5%オフになっていたのは慶賀であった。

で、コーレーグースだが、140g入りで780円だった。購入の目的は、自家製のそれが、市販のホンマモンとどれだけ違うかという検証を行いたかったからだ。前にも書いたように、自家製のは、泡盛+ふつうの鷹の爪であるから、ちいさな島トウガラシを使ったホンマモンとは味の差異が生じるはず。自家製で満足してはいるのだが、それでも一応、差異だけは知っておきたい。

店には立派なニガウリも200円で販売されていたので、島豆腐、SPAMの缶詰めとともに購入。夕食は本場式のゴーヤーチャンプルとあいなった。

で、そのチャンプルに盛大にホンマモンと自家製のをふりかけて、比較テストを行ったが、両者の間にはほとんど差はなかった。

となると、780円は高いな。自家製のは厳密な原価計算を行っていないが、この半額以下で作成できていることは間違いない。これからは自信をもって自家製コーレーグースーの愛用を続けていきたいと思った。

わしたの棚では「ムイオット」という調味料を見つけた。石垣島の「ガーデンパナ」というお店の製品なんだけど、もともと沖縄のものじゃない。ムイはベトナム語で「塩」、オットは「トウガラシ」だそうだ。つまり塩トウガラシ。

ベトナムでは果実や生野菜にこれをふりかけて食べるらしい。25gの袋が150円だった。

原材料の所をみると、自然海塩、島唐辛子、赤唐辛子、砂糖となっている。家に帰ってきて、さっそく舐めてみると、なかなかイケる。そこで、白いメシにふりかけて食べたら、非常においしかった。おそらく握り飯にするとよいだろう。

握り飯を作る際、手塩に唐辛子を混ぜて握ると、きっとうまいぜ。こんど試してみよう。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」3件、「平均面白度」4.67≫

いただいたコメント

現在この記事に関するコメントはありません
  #

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません