31 肉食人種ってダレのこと?
  [初出] 2003.08.22  [最終更新]  [平均面白度] 3.79  [投票数] 14  [コメント数] 3
「そのうちちゃんと調べよう」と思いつつも、ほったらかしにしているテーマがたくさんある。

いや、そりゃワタシのことですんで、たいしたテーマじゃないんですけどね。

ひとつは、「肉食人種vs草食人種論の虚妄を撃つ」っての。タイトルはかっこいいでしょ。

ほら、よく言うじゃないですか。西洋人は肉食人種だが、日本人(アジア人と広げる場合もある)は草食人種だ、というふうなアナロジー。あいつらは肉食人種だから、自分の意見をハッキリ言うが、草食人種はそういうオシが足りない、トカ。

これはどうも虚妄でありますね。

ワタシの無根拠なかんがえでは、西洋にあっても、これほど肉を食うようになったのは、20世紀になってからではないか、と思うのです。日本でも江戸時代以前からも動物性蛋白質はサカナをはじめ、ある程度摂っていたわけで、17世紀あたりだと、彼我の間の「肉食度」はそう変わらないのではないか、ということ。

うすぼんやりとした根拠はいくつかある。

たとえばモームの自伝的小説「人間の絆」には主人公が幼少の頃のごちそうが、週に1度だけ食べられる「ゆで卵の白身のはじっこ」だというエピソードが出てくる(記憶で書いているので定かではない)。

いま、改めて調べてみるとサマセット・モームは1874−1965であるようだから、彼の幼年期といえば、明治の初年あたりになる。いくら貧しい牧師の息子だからといって、ごちそうが週1度、父親から分けてもらう白身のはじっこだというのは、どうだろう。

中学生時分にこの小説を読んだ時の感想が、イギリスといえど、ちょっと前までは動物性のものを食わなかったんだ、というものだった。さすがに今では一編の小説の片隅に書いてあることで、全体を断じる勇気はなくなっているが、われながら「いい線」突いていると、今でもかつてのワタシを評価している。

なおも無根拠の暴論を続ければ、17、18世紀あたりだと、西ヨーロッパの庶民より、日本の庶民のほうが動物質をたくさん摂取していたんではないか、ともニラんでいたりするのだ。

これをちゃんと調べたいと前々から思っているんだけど、ついつい怠けてしまう。

ここに書いておけば、忘れないだろう、という備忘のつもりで書いておくことにする。

ついで、といえば、なんだけど、「肉食人種vs草食人種」論と同じようにクダラナイのが「狩猟民族vs農耕民族」論。もちろん西洋人を「狩猟民族」と断じるものだ。

バカっぽいよね。ホンキかしら、と思ってしまう。「狩猟」でもって、生活のほとんどを支えている民族(てか、人間の集団)は、世界中を見回しても、ほとんどいない。狩猟民と呼ばれる人々も、正確には狩猟採集民で、日常の食事は「採集」側に大きく偏っているらしい。そりゃそうでしょ。野生の肉食獣のテリトリの広さを考えても、狩猟という形で生きていくためには広大な面積が必要になるし、ついついある程度以上の集団を形成してしまう「タチ」のある人類には、なかなかキビシイ選択肢だと思う。

西洋、つまりヨーロッパやアメリカの人々が、狩猟でもって食糧調達をしていないのは、もう、立ち止まって考えるほどのこともないわけで、どうしているか、といえば、彼らも我らと同じように、農耕でもって、主たる食糧を獲得しているのである。(牧畜というファクターは今は考えません。なにしろ「狩猟民族vs農耕民族」論を撃破しているのですから)。

冗談でも「狩猟民族vs農耕民族」って比べ方は成立しそうにない。同じいうなら「狩猟民族vs魚釣り民族」といった方が、ずいぶんマシだろうね。

ま、「民族」でもってどうのこうのって言うのは「県民性」でどうのこうのとおっつかっつの「実りの少ない思考」なんですけどね。所詮。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」14件、「平均面白度」3.79≫

いただいたコメント

さんによるコメント
人は血液型で決まる[2004.09.22  #111]

さんによるコメント
O型は免疫機能が高い。科学的にも実証されてるらしい。新しい土地を開拓していくタイプです。A型はO型を新しい土地へと

追い出す役をする。その神経質で集団になって嫌がらせを行う。しかし被害者の立場をとる。A型はO型を見分ける能力がある。

つまり鈍い(大雑把)、あるいは個人主義タイプを本能的に攻撃したがる。O型の天敵はA型。おそらくA型がいる限りO型に

安住の土地はない。O型が開拓した土地にやって来て、A型は勢力を拡大してきた。しかしA型にも天敵がいる。それはB型。A型

がB型を嫌がるのはそのため。しかしBにも天敵がいる。A型(自分勝手、マイペースを嫌う)です。AB型は最も進化型で、どの

血族とも、うまくやっていけるが、あえて言うならAB型も個人主義なのでA型には注意を要するでしょう。最も他人に攻撃的

血族がA型です。種族間(人種間)でこれらのような関係がある。A型は群れをなすと手に負えなくなる。神経質がこの世の常識

であるかのように振舞う。A型を群れさせてはならない。なぜなら個人主義者に対する嫉妬の念を強く持つから。他人に集団

尊重を強要する。あたかも自分達が絶対に正しく、それが当たりまえで世の常識であるかのように。「協調性のある人間に

なりましょう。」「集団行動がとれるようになりましょう。」見方を変えればA型こそ究極かつ純粋なエゴイストなのだ。自分

達の価値観を他人に強要して何も疑問も持たない。A型はこれによって同種族と異種族を識別し攻撃対象を決めている。

そのようにしてA型は嫌がらせで勢力を拡大してきた。人間関係を複雑にしているのはA型だ。もしA型のような神経質、集団

尊重主義がいなくなったら、この世の人間関係はどんなに楽になるだろうか、よく考えて見るとよい。細かい気づかいを

しなくて良くなる、集団性も必要最小にでき個人の自由がより大きくなる。A型でもそうではないかのように振舞う者もいる

が、もともと集団にあわせて変わる連中だ本性ではない。生まれ持った性分は隠しようも変えようも無い。いずれ性分が

チラリと出るものだ。

 A型の特徴1.細かいことで人をからかうことが非常に好き。お得意の神経質攻撃だ。しかも全ての事情も解っていて、

明らかに悪意を持っている。そのくせ他人を悪人に仕立てあげる。2.執念深い。年単位の持続力と集中力をもつ。

3.いったん暴走すると手におえなくなる。4.他人の嫌がるこや弱点を見つけるそこ徹底的にしつこくたたいてくる。他人を

追い詰めることが好き5.細かいことが解る事に優越感を感じる。それをアピールしたがる6.他人観察が非常に好き。これは

一日中ほぼ絶え間ない。天性のストーカー7.そのぶん自分に気づかずあまいが他人に厳しい8.他人干渉に非常に執念を

燃やす。天性の他人干渉主義者9.非難すれば他人がすぐ屈服すると思っている。テロや戦争が起こる理由をよく考えろ。

10.普段はいいやつに見えるが、表と裏が激しい。表がとても良いぶん、裏が非常に悪い。[2004.09.22  #112]

鈴木雄介 さんによるコメント
県民性、、、実りが少なかろうが多かろうが、このキーワードで随分稼がせていただきました。初対面の顧客(多くの場合中年以降の男性=おっさん)の興味を惹く話題のチャンピオンですから。県民性一覧なるドキュメントを先輩セールスから譲り受けた私は「ときに部長、ご出身はどちらですか?、、ほほー福井県ですが、子供の頃従兄弟が住んでおりまして、夏休みは必ず福井で過ごしたものです、自然豊かでいいところですよねー(ここで手帳に挟んだ県民性一覧を取り出す)、こんな統計がありましてね、福井県民はというと、、、社長数日本一とある。日本企業の社長さんは福井県出身が一番多いということですな、、、」とまあ、愚にもつかないといえば、しょーもない話なのでありますが、女性に占い話が人気なのと同様、おっさんには県民性話が一番なのであります。

かのプレジデント社でも

http://www.president.co.jp/pre/19990400/02.html

なんてことやってますねー。



都道府県別死因統計ちうのがあって(出展場所失念)他殺:一位広島県、二位大阪府ってのに妙に納得したりして、、。[2004.09.13  #109]

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません