27 炭素の原子量についての訂正
  [初出] 2003.08.03  [最終更新]  [平均面白度] 0  [投票数] 0  [コメント数] 0
くりまたさんという読者の方からご指摘をいただいた。

「炭素の原子量は12.01なの二酸化炭素1モル(44g)中に炭素は12gではないのでしょうか。」

メールを読んだ瞬間、血の気の引く思いがした。
いっしゅんで自分の誤りに気がついたからだ。

はずかしいことに、ぼくはもったいないのココロの中で、1モルの二酸化炭素の中に含まれる炭素は14gだ、と書いたのだ。

しかもペロっと一行書いただけではなく、その数字を使っていろんな計算を繰り広げているのだ。

たしかに炭素14という同位体(ってんだっけ)は存在する。年代測定なんかにつかうやつだ。しかし、それってめちゃくちゃマレな存在だから、そんなもんで炭素は14といいはるわけにはいかない。

その炭素14ってのが、おそらくぼくの粗放なアタマのなかで、とっちらかって、いつの頃からか炭素の原子量は14って思い込んでいてしまったんだろう。原稿を書いていた時も、また校正をしていた時も、ここんところはツユとも疑わなかった。

が、指摘を受けたとたんに即座に思い出した。不思議なもんだ。

ものすごく恥ずかしい。

それにつけても、くりまたさん。ご指摘ありがとうございました。


えと。で、とつなげるのも奇妙な話なんだけど、長いこと放置しておいた私自身の広告のページをリニューアルした。ご覧になっていただくとありがたい。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」0件、「平均面白度」0≫

いただいたコメント

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません