6 平和ぼけ
  [初出] 2004.01.30  [最終更新]  [平均面白度] 4  [投票数] 6  [コメント数] 0
日常的に使用しているOSをMac OS Xにしてからこっち(つまりOS 9からXにしてからという意味だが)、その堅牢さにはいつもいつも舌を巻く。Mac OSはよく「落ちた」。これは世間に喧伝され続けてきたことだが、少しは同情に値するところもある。Mac OSはシステムに常駐型のいろんなゴタゴタをユーザが勝手気まま気軽に追加できるようになっていた。ついつい積み過ぎた箱船になって転覆沈没とあいなるのであった。それをすべてOSのせいにして詰るのは、いささか酷であるとは思う。

しかし、それにしてもよく落ちた。よく落ちたというより「よく落ちる」という恐怖の方が先行していた。そこで、われわれユーザは、「書きかけ書類は頻繁にセーブする」という行動様式を墨守してきた。ぼくなんざ、誰かが、「わわーん、バクダンだよお。セーブしてないよお」と泣きわめくのを、横目で見ながら、「ばかめ、何をいったい学んできたんだ」と冷ややかな対応をしてきたのだ。

そんなぼくがXに乗り換え、はや数年。Xはめったなことではクラッシュしない。もし万一何事かが起こっても、書類は無事である。

そんな暮らしの中で、だんだん行動様式が変化してきたんだね。

Xとて所詮ヒトノコ。死ぬときは死ぬ。先日、そんな(めったにない)事故が起こった。

作業中の書類はみんなパーになった。

こういうのを「平和ぼけ」というのである。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」6件、「平均面白度」4≫

いただいたコメント

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません