2 なんでもぶらさげネット
  [初出] 2003.05.02  [最終更新]  [平均面白度] 3.33  [投票数] 3  [コメント数] 0
前項の「何でもぶらさげネット」ってナンだ、との質問を受けた。ま、想像はつくけど、とも。

おそらくご想像の通りのものだと思う。
何でもネット
台所用なのだろうか。4cmピッチほどの格子状の針金でできたネット。100円ショップで買ってきたもの。これもおなじく100円ショップで買ってきたSカンをひっかけ、そのSカンに机の上のペン立てに収まりきらない形状のものをなんでもぶら下げる。

大きな穴の開いているもの、ヒモのついているもの(写真では見にくいけど、コンベックスやナイフがそれにあたる)はそのまま。ハサミも同じく。小さな穴の開いているもの(定規や小型のホウキ)はその穴にヒモを通して。消しゴム(これがよく行方不明になっていた)はクリップで挟む。ヒモが巻き付けられるもの(ルーペなど)はヒモをとりつけて。そして先日のCD開封器(正式名はEGCD)などは無理やり穴を開けて、このネットにどんどんぶら下げる。
消しゴム

これはなかなか便利なシロモノです。価格もネット100円、Sカン100×3袋程度だからシメて400円。

先日100円ショップでこのネットにひっかけられるネット製のいれものを見つけたので、そいつも付加した。このいれものには電卓とハオルカン(カッターの刃を折って、いらない部分をためておくもの)などを入れた。

ネットを吊る場所さえあれば、机上の小物はぶら下げるに限る。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」3件、「平均面白度」3.33≫

いただいたコメント

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません