2 コメ供給量世界ランキング
  [初出] 2003.05.20  [最終更新]  [平均面白度] 4.4  [投票数] 10  [コメント数] 1
我が国は大昔「豊葦原瑞穂の国」と自称していた。古事記にそう書いてある。葦の生い茂るお米のたくさん取れる国とでもいう意味だろう。つまりここ2000年がとこ、われわれは「お米の国」の住人なのである。

葦は人工護岸のせいですっかり無くなってしまったのだが、お米もまた情けないことになっている。

日本人ひとりあたり年間のコメ消費量は65.1キロ(99年「食糧庁 米の消費動向」)である。月に換算すると5キロちょっと。

この数字は世界的に見るとどんなレベルなのか。FAOのデータベースで調べてみると、なんと情けなや、世界29位に甘んじている。と「もったいない」には書いたが、その後新しい年度の統計数字が発表され、それによると順位はひとつさがって30位になっている。

トップはミャンマーの309Kg(一人年間の供給量)。オトナも子どもも1日11膳平均のご飯をたべていることになる。すんごい。

日本より上位にアジアの米食の国々はもちろん、アフリカ諸国なども存在するし、だいいち日本の数値は世界平均(ただしこの世界平均は中国の数値を除外したもの)とほぼ同じくらい。

けっしてお米の国などと豪語することはできはしないのである。

というようなことは「もったいない」に書いた通りであるが、本の方ではグラフは収録したものの、元になった数値は省略した。補遺の意味もこめて、ここに最新(2000年)の数値を列記しておくことにする。

1ミャンマー(309.0kg) / 2ラオス(258.0kg) / 3ベトナム(250.4kg) / 4カンボジア(243.8kg) / 5バングラデシュ(234.6kg) / 6インドネシア(222.8kg) / 7タイ(163.5kg) / 8ギニアビサウ(154.0kg) / 9フィリピン(152.7kg) / 10コートジボアール(150.3kg) / 11ネパール(149.4kg) / 12マダガスカル(146.8kg) / 13シエラレオネ(138.8kg) / 14スリランカ(138.4kg) / 15韓国(133.8kg) / 16中国(133.7kg) / 17マレーシア(132.4kg) / 18ブルネイ(124.5kg) / 19ガイアナ(117.2kg) / 20セネガル(114.9kg) / 21北朝鮮(114.2kg) / 22インド(113.5kg) / 23ギニア(108.7kg) / 24スリナム(103.8kg) / 25コモロ(99.6kg) / 26コスタリカ(94.3kg) / 27ソロモン諸島(94.2kg) / 28モーリシャス(92.7kg) / 29リベリア(91.0kg) / 30日本(89.0kg) / 31世界平均(86.0kg) / 32ガンビア(83.5kg) / 33エクアドル(82.5kg)

この数字の出典については次回。

《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」10件、「平均面白度」4.4≫

いただいたコメント

佐々木靖子 さんによるコメント
資料を参考にさせてもらいます。米の1人あたりの消費量のデーターの出典を教えていただけますか。[2004.12.20  #140]

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません