8 内外温度計
  [初出] 2003.05.01  [最終更新]  [平均面白度] 4  [投票数] 2  [コメント数] 0
狭い場所に発熱量の大きなデスクトップ機を2台入れ、しかもその内1台はサーバとして原則24時間運転である。扉も閉め切ってしまう。いくら換気扇があるといっても、内部の温度上昇が心配だ。それに電気代とか環境のことを考えると換気扇を常時付けておく気にもなれない。

そこでDOITでデジタル内外温度計を買ってきた。株式会社アイシー製「ICサーモ1030」っての。3,380円であった。DOITに行った主目的は防音材を買うためだったが、これは見当たらず。
ICサーモ1030
この写真の状態では、室内(深夜ラボ側、この温度計本体の位置)の温度が14.6℃、サーバルーム内(2台とも稼働中、換気扇は停止状態)が17.4℃である。温度計の左側に見えるコードの先がサーバルーム内に引き込んであり、その先端にはセンサーが付いている。そのセンサーでもってサーバルームの中の温度を計測しているわけだ。

左側のボタンを一度押すとIN側の最低温度最高温度が、もう一度押すとOUT側のそれが表示される。ちなみに昨日午前8時から午後7時頃までの間では、室内が最高27.8℃、最低21.4℃で、サーバルーム内は最高31.6℃、最低22.2℃であった。サーバルームの中の方が、当たり前ではあるが、数度程度高くなっている。

盛夏にならないと正味のところは不明だが、この程度で収まるなら、熱暴走や火災を心配することもなかろう。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」2件、「平均面白度」4≫

いただいたコメント

現在この記事に関するコメントはありません
  #

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません