1 名刺に緯度経度
  [初出] 03.01.01  [最終更新]  [平均面白度] 4.25  [投票数] 55  [コメント数] 10
あけましておめでとうございます。
今年は「名刺や住所表記に緯度経度を付記しようぜ」運動を推進することを、さきほど決めました。年頭の誓いってやつですか。

ぼくの名刺(ふつーに仕事に使ってますバージョン)には自宅・事務所の緯度経度が印刷してあります。(以下個人情報をごまかすため阿佐ケ谷中学校の位置を自宅だとして記述します。近所だけどね)住所を東京都杉並区阿佐谷南1-17-3と書いた後にN35°41' 49.33" E139°38' 21.26"と印刷しとくわけです。

名刺ですからいろんな人に渡すのですが、これという反応はあまりありません。全名刺手交者のうち5%程度の人が関心を示し、そのなかでほんの数人がイイネ、これと言ってくれるにすぎません。

前にこの方法を激賞してくれて、その上「おれんちも調べてくれ」と頼んできた人がひとりだけありましたが、惜しくも昨年亡くなってしまいました。大晦日の夜に行く年来る年を偲んでいた際、緯度経度を調べて差し上げた時の彼の喜びようを思い出したりしているうちに、やっぱりこの方法は広く人にすすめねばならぬ、と思い至ったわけです。

緯度経度を名刺(や住所表記)に書き加えることのどこがウレシイのか。

トコロ番地というのは、本来非常にローカルなものです。アサガヤなんて言ったって、わかんない人の方が多い。東京に住んでいる人なら、スギナミってのは新宿のちょい先ねというくらいの認識があるかもしれないが、関西圏の人は、ま、名前は聞いたことあるけど、程度でしょう。

ましてや海外の人においては尚更。

名刺に住所を入れる意味は、もちろん「郵便の宛先に使ってくれ」ということなんでしょうが、それだけではない。訪問時にも役に立つし、なにより、ははん、あのあたりに会社は実在しているのねというイメージをかたちづくるという意義もあります。

「じゃあ、明日の午前中にお伺いします。つきましては御社の場所の地図をファックスで送ってもらえませんか?」

なんでやねん。名刺見て電話かけてんにゃろ、住所書いたるやろ、と思いませんか。この一事でも、住所というシステムが郵便屋さん宅急便屋さん以外には、実用的なものとして機能していないということがわかります。住所を知っていたって、それだけでは訪問することすら覚束ない。「地理情報コミュニケーション」という点では住所システムは十全ではないのです。

また、そんなこんなで送られてきた「御社の地図」ってのが、これまた曲者。まったく役にたたない場合が多い。やっとこさたどり着いて、チクっとその旨を告げると

「そなんですよねえ、よくわかりにくいと言われます」

なんじゃい、それがわかってんのやったら、なんで改訂せんのや。それともなにかい。人をたやすく寄せ付けたくない秘密の巣窟なのかい、と言いたくなる。

緯度経度なら、そのてん、ばっちり。もう間違えようがない。それに緯度経度という「ツール」はパブリックドメインですから、特定のハード、ソフトに依存しない。

しかもたった1行。数字だけを付記しておけばいいんです。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」55件、「平均面白度」4.25≫

いただいたコメント

kuji takuya さんによるコメント
面白かったです。

自分も、名刺を作ろうと思ってたので

とても勉強になりました。[2004.03.18  #13]

sk さんによるコメント
測地系のお勉強中に訳が分からなくなり,ソフトな読み物がないかなとおもって検索したらたどりつきました.面白かったです[2004.03.22  #14]

sk さんによるコメント
測地系のお勉強中に訳が分からなくなり,ソフトな読み物がないかなとおもって検索したらたどりつきました.面白かったです[2004.03.22  #15]

ichiro さんによるコメント
MapFanがリニューアルされて、緯度経度が表示されるようになりましたね。



名刺に

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/keyword/10892.html

みたいなのを入れると携帯で経路や地図をすぐに表示できそうです。

[2004.03.22  #16]

nora さんによるコメント
名刺に緯度経度情報は、賛成です。さらにそれを発展させて考えてみれば、住所の横に必ず緯度経度情報にあたるものが表示されるようになればいいのですが。



 それで思い出されるのが、郵便番号です。しかし、これほど普及しているにもかかわらずその利便性を享受しているのは、郵便局側だけなのはもったいない気がします。



郵便番号の代わりに、位置情報として、バーコードの利用、マップコード (緯度、経度を入力しなくとも、6桁から10桁ぐらいの数字を入力すれば、数十メートルぐらいの誤差範囲内で表示) に似たものを住所の頭に記載するように制度化すればいいのにと思ってしまいます。



 でも、将来は、名刺、配達伝票、年賀状、などの用紙の「住所欄」にチップが埋め込まれていて、さらに携帯電話などに位置情報をスタンプする端末が付属していて、伝票の上からボタンを押せば位置情報をその紙の中に記録できる様になるんでしょうねえ。

[2004.04.28  #43]

佐野 文平 さんによるコメント
先日(7月21日)NHKで紹介された (緯度と経度の交差点を探す)人たちのアクセス先をご存じないでしょうか?[2004.07.22  #89]
その番組は見ていませんので、なんのことやら、さっぱり。
もうしわけなし。(いしだ)


栗田徹 さんによるコメント
なるほど。会社の名刺には、たぶん書き入れてもらえないと思いますが、面白い試みですね。活動を推進し続けてください。陰ながら応援しています。[2004.10.20  #118]

uttii さんによるコメント
とても参考になりました。ありがとうございます。

許可を得てはいませんが、記事にリンクをはらせていただきました。

http://d.hatena.ne.jp/uttii/20050119/

古いほうのURLをはってしまっているかも知れませんが...。

問題があればご一報ください。[2005.01.20  #146]

名無し さんによるコメント
理系にはとっても優しい名刺だと思います。GJ![2005.10.29  #241]

りり さんによるコメント
緯度と経度の意味と検索したのになぜこのリンクが出てきたのでしょうか?関係のないリンクをだされたら、こちらはたまりません

[2007.04.23  #487]

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません