3 タマゴ価格50年間変化ナシ
  [初出] 03.01.13  [最終更新]  [平均面白度] 4  [投票数] 3  [コメント数] 0
タマゴは物価の優等生と言われる。実感としてもそれは感じる。ものごころついて以来、タマゴは10個パックでずっと100円台であった。昨今はなにやら高級ブランドタマゴが登場してきているが、それでもふつうのものは150円程度であった。昨年あたりからは若干高くなってきているようだが、それでも200円はしない。

タマゴの価格の推移を知りたくてWebをあさっていると、すんばらしいサイトを見つけた。たまご博物館だ。ここはホントすごいよ。たまごのすべてがわかっちゃう。作っている人はタマゴ関係者ではなく「たまごが好き」ってのが制作の動機だというのだから、ますますスゴい。

そこに、1950(昭和25)年から2001年までのタマゴの価格の推移が表になっていた。年平均鶏卵相場(東京全農Mサイズ加重平均)だそうだ。この表によると1950年のタマゴの値段はキロ212円。ちなみにMサイズのタマゴは58g以上64g未満と定められている(こういうこともここでわかる)から1キロというのは16個強。仮に16で割ってみると、ひとつあたり13.25円になる。

それから50年間。タマゴの価格は最高でも1981(昭和56)年の342円という安定ぶりだ。まさに物価の優等生。というより、なんだか申し訳なくなっちゃうくらいだ。

だってこの50年間でもっとも安かったのは、1992(平成5)年なのだ。ちなみに161円。

ここまでくると、まさにカンドーものだ。
タマゴ価格の推移グラフ
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」3件、「平均面白度」4≫

いただいたコメント

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません