8 明治以前の犬の名前
  [初出] 01.06.05  [最終更新]  [平均面白度] 3.37  [投票数] 93  [コメント数] 2
犬の名前について、ちゃんと調べようと思っているのだけれど、想像するだけで大仕事になりそうで、今、本業が忙しいので、開始に二の足を踏んでいる。

そこで、現状調査の前に、本で見た犬の名前を列挙することで、明治以前の犬の名前の構造を考えてみたい。

日本書紀垂仁天皇紀に
昔丹波国の桑田村に、人有り。名を甕襲(みかそ)といふ。即ち甕襲の家に犬有り。名を足往(あゆき)といふ。是の犬、山の獣(しし)、名を牟士那(むじな)といふを喰ひて殺しつ。即ち獣の腹に八尺瓊(やさかに)の勾玉有り。因りて献(たてまつ)る。是の玉は、今 石上神宮に有り。<岩波文庫日本書紀(2)52ページ>
とある。

これがぼくが確認した中では、最も古い犬の名前だ。日本書紀より古い書物は、日本の歴史の中にはほとんどないから、おそらくこれが日本最古の“文献にあらはれたる犬の名”ではないかと思う(もし違っていたら教えて下さい)。

だいたい人の名前にしたってミカソなんていうんだから、犬の名前が奇妙なのは、いたしかたない。ただ「足が早い→アユキ」っていうような名前の付け方は、その後も現在に至るまでありうるように思う。

古典でもっとも有名な犬の名前は、枕草子に出てくる「翁丸」だろう。

冗談で「猫を噛んでやりなさい」とけしかけられたのを“ホンキに”とって噛んでしまったために放逐される犬である。

PHP新書「犬の日本史」(谷口研語)は、犬から見た日本史って本だけれど、この中なら、“名前のついた犬”に記述を抜き出してみると(上の2例は省く)、

麻奈志漏(播磨国風土記 応神天皇の飼い犬、まなしろ、マナは愛娘などのまな、愛するシロっていう意味?)

有情、無情(足利義満の愛犬。禅僧が命名。さもさもの名だね)

犬獅子(南北朝時代の、軍功抜群の軍用犬)

ボール(平戸藩初代藩主松浦鎮信 イギリス商館から贈られた洋犬)

八房(ごぞんじ、南総里見八犬伝の犬)

人の名前ならいっぱいでてくる本なのだが、犬の名前はたったこれだけ。寂しいような気がする。

しかし、これらの名前が、すべて「人の名前」と一線を画しているということは注目してもいいんじゃないか、と思う。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」93件、「平均面白度」3.37≫

いただいたコメント

Runt さんによるコメント
今度飼う犬の名前を決めるためにgoogleで検索をしたら

ここに漂流しました(^^;;)

「アユキ」っていいですね。名前に母音が入っていると、

犬も覚えるのが早いそうですよ。



[2004.06.22  #65]

LOVE さんによるコメント
アユキっていいですね。

レイラってどうでしょう?他にもいろいろ考えてます。[2006.08.26  #366]

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません