13 三毛・近況
  [初出] 2006.01.16  [最終更新]  [平均面白度] 2.67  [投票数] 3  [コメント数] 0
三毛は依然、善悪がまったく理解できないアウトローなんですが、先日来、ぼくと彼女の間の関係は若干変化したように思います。

ストーブの上に乗ろうとしたり、マウスのケーブルをかじろうとするので、安全その他を考えてそのつど叱りつけるのですが、なにぶん、善悪がまったく理解できないため、三毛はぼくがくれば逃げるという行動パターンをとっていました。なにしろアイツがくるとアブナイ、という認識。

先日、ベランダに出ていた三毛がパーコラの上にのぼり、おりて来れなくなりました。どうしても降りられなくて困惑していたもよう。そこで、仕方がないから、ぼくもパーコラにのぼり、首筋をつかまえて救助したわけです。

その瞬間から、三毛の中でのぼくの評価は一気に変わったようなのです。つまり、ぼくを安全をもたらしてくれる存在と認めたわけでしょう。

積極的に近づいてくるようにもなったし、膝の上にのぼってくるようにもなった。関係が激変したわけです。依然として、何をしてはいけないのかということは学習できていないので(というより学習しようとしないと見える)、困った事ばかりやらかしますが、ぼくとしては、なかなか気持ちのいい関係になりました。

あまりにも、ここの更新が間遠になっちまっていたんで、とりあえず三毛の近況を走り書きで。

《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」3件、「平均面白度」2.67≫

いただいたコメント

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません