0 憂鬱
  [初出] 2004.06.11  [最終更新]  [平均面白度] 4.83  [投票数] 6  [コメント数] 1
もうすぐ明日になるのだが、本日夕方から只今まで、ぼくはずっと困惑している。明日もまた困惑は続くだろうと思うと、憂鬱でもある。

その仔猫の存在は、数週間前から知っていた。隣家は婆さんがなくなってからこっち、このところ空家なのだが、どうもその床下で野良猫が子どもを育てている様子。白地に黒のぶちがあるウシ柄と、サバ柄。

確認しようとしていたのだが、親の警戒心が強いのか、なかなか所在を明らかにしない。

何日か後には、公園(旧婆さん家の向かいがすぐ公園であるのだ。公園の隣は保育園)で、保育園の園児多数と遊んでいる2匹を見た。親はどうしたのかな。多少、気にはかかっていた。

本日は台風の影響か、終日の雨だった。夕刻、仔猫の激しく鳴く声に表に出てみると、サバトラの方が濡れそぼって、そこにいた。

もうこうなっては仕方がない。

確保し、我が家に連れ帰った。

ウチには2匹の猫がいる。後楽園13歳、はぎ12歳。ともにメス。ふたりとも新参者をみて、激しくイカる。新参者もまた、いっちょまえに嵐を吹く。

このあたりだけではないだろうが、我が家の周辺には猫エイズが蔓延している。野良であれば、母親からの感染もありうる。ともかくも、検査だけはしておく必要がある。

で、確保後10分もたたないうちに、カゴに押し込んで獣医へ。

不思議なことに、猫エイズも猫白血病も大丈夫。陰性だ。検便の結果、回虫は確認されたが、たいした量でもないもよう。駆除薬を投与される。

オスである。たいへん人なつっこい。頭もよさそうだし、器量もよい。

ぼくも幼少の頃から、多数の猫を見てきたが、ここまでのは、稀ではある。

しかし、問題は先住者との折り合いが破滅的に悪いことだ。

特に、後楽園はむちゃくちゃ怒っている。

獣医から帰ってきてからずっと、やつは2階から降りてもこない。ぼくが2階にいっても、激しくイカって、寄ってもこない。

猫の怒りは4段階ある。初段は無視。しらんぷり。次の段階はウナリ。その上は恫喝。最後は阿鼻叫喚であるのだが、ずっと最終段階のまま。

新参者のチビに対してイカるのは、まだわかる。しかし、なんでぼくに対してまでイカらにゃならんのだ。ほとんどさわらせてもくれない。ぼくの左手は血まみれでもある。

おまえがいちばんだいじだよ。でも雨のなか、放っておけなくて連れ帰ってきただけじゃないか。

なんて弁解しても許してくれない。すごい表情で怒り、うなり、激しく攻撃してくる。

作戦的に見ると、後楽園の戦略は、どう考えてもマチガイである。殊勝に甘えてくればいいのだが、こう怒られると、こっちも鼻白む。勢いでついつい浮気してしまった亭主とヒス女房か。まるで。


半時間ほど前から、奥歯まで著しく痛むようになった。仕方がないからイブプロフェンを服用した。

チビはシゴト部屋に隔離した。後楽園はいまだにイカっている。ぼくは憂鬱だ。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」6件、「平均面白度」4.83≫

いただいたコメント

ナカムラミツハル さんによるコメント
なんとなく、状況が想像される、こんな猫顔かな?[2006.06.25  #357]

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません