4 チン氏を探せ
  [初出] 01.04.23  [最終更新]  [平均面白度] 4.58  [投票数] 40  [コメント数] 3
チン氏のチンが人名に違いがないだろうことは、水晶体、チン氏体などのことばを検索していく中であきらかになった。

NIDEK 挑戦!目の博士への道vol.1 第5問というページに
目にはいろいろな部分があり、それぞれ名前が付いています。そのなかのひとつに「チン小帯」という部分があります。では、この「チン」の由来はどこからきたものでしょうか?
というクイズが載っており、その答えを見ると、
2.チンという人の名前からが正解。「チン」と名前を聞くと中国の人が思い浮かびますが、実はドイツの人です。
とある。陳さんではなかったわけだ。

ドイツ語はまったくわからないから、チンがどんな綴りかも推測がつかない。仕方がないので「チン小体」のことを英語でどういうのかを調べる。ぼくはホントは科学用語の英和和英のCD-ROMを持っているはずなんだけど、肝腎の時には見当たらない。じゃあWebで。

いろいろ苦労しちゃったけど、結局のところzonuleというんじゃないかということがわかる。これをリーダーズ英和辞典で引くと
zon・ule
n. 小さな帯; 【解】 《眼の》 毛様小帯
となっていて、あ、こりゃ間違っていないな、とこの語でふたたびGoogleにて検索。

すると2行目に

xrefer - zonule (zonula) n. (in anatomy)
... zonule (zonula) n. (in anatomy), a small band or zone; for example the zonule of
Zinn (zonula ciliaris) is the suspensory ligament of the eye. --zonular adj. ...
w1.xrefer.com/entry/131700 - 19k - キャッシュ - 関連ページ
こりゃアタリでしょう。in anatomyって書いてあるからな。こんな単語ぐらいならぼくでもわかる。しかもその上、ディスクリプションの中に「for example the zonule of Zinn (zonula ciliaris) is the suspensory ligament of the eye.」と書いてあるではないか!

Zinn。Zinnってのが「チン」氏のことではなかろうか。Zinnで各種人名辞典サイトを引いて、
Zinn, Johann Gottfried German anatomist, botanist, and physician _1727-1759
という説明を発見。たぶんこのヒトじゃないかな。ヨハン・ゴットフリード・ツィン。チン氏は植物学者でもあったのだ。

なおも調べていくとFAST HEALTHというサイトに
Zinn,Johann Gottfried(1727-1759), German anatomist and botanist. Zinn was a professor of medicine and director of the botanical gardens at Gottingen. In 1755 he published a monograph on the anatomy of the human eye. It included the first accurate descriptions of the ligament of Zinn and the zonule of Zinn.
というふうに書いてある。医学教授であり植物園の園長だった人のようだが、それにしても若いな。32歳で死んじゃっている計算になる。死ぬ2年前にチン氏体を発見したわけだ。

このチン氏の名前が残っているのは、チン氏体だけではなかった。しかもそれはぼくらがふつうに知っている単語だ。

百日草。これをコジャレていえばジニアだ。このZinniaってのが、Zinn氏にちなんで付けられた名前なのだ。

The Year of Zinniaというページによると、われらがチン氏は、このアメリカ大陸原産の植物をはじめて科学的に記述した人なのだそうだ。

はじめて記述したといっても、その植物がそれまでに知られていなかったわけではない。アメリカ大陸で、そこの住人に知られていたことはもちろん、スペインからの侵略者たちも知っていた。そして彼らはこの植物をスペイン語で"mal de ojos"「目の病気」と呼んでいたんだそうだ。

チン氏体を研究した人が、植物学の分野でも「目の病気」という草花の記述をしたってことになる。

ま、それがどーした、と言われれば、それまでの話なんだけど……。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」40件、「平均面白度」4.58≫

いただいたコメント

mai さんによるコメント
このサイトを見る直前に、チンは人名だと目の本に書いてある事に気付いて、真実を確かめたくて検索したところ、このサイトを発見しました。とても興味深かったです。参考になりました。ありがとうございます。[2005.03.10  #164]

yoko さんによるコメント
チン小帯って変な名前だなと思って検索していたら、こちらがヒットしました。大変おもしろく拝見しました。チンをひらがなで書いてはいけないんですね。

ところで、水晶体が薄くなるときは毛様筋が弛緩するため周囲の組織に引っ張られて直径が大きくなるのだと思います。チン小帯は筋肉ではないので、自ら積極的に収縮して水晶体を引っ張ることはないと思います。[2006.11.21  #391]

dali243 さんによるコメント
勉強になりました。

どんどん調べる。参考になりました。[2007.02.09  #417]

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません