8 カードに地雷を
  [初出] 2005.11.16  [最終更新]  [平均面白度] 4.72  [投票数] 25  [コメント数] 3
キャッシュカードの不正払い出しに対する補償のルールが決まるそうですね。遅きに失したという気がせんでもないですが、まずは慶賀であります。

だいたい、クレジットカードに比べても、銀行の今までの対応はあまりにも変でした。

たとえば虎髭商事という問屋さんがある、と。そこに、ちわ、凸凹商店ですと名乗る男が現れて、品物をごっそり引き取っていった、と。請求書を持っていってみると、そんな男は凸凹商店の関係者でもなんでもないことがわかった、と。

「凸凹商店の名を騙った以上、セキニンはあるんだから、代金は払ってください」なんて虎髭が主張したとしたら、もうそれだけで世間の笑い者ですわな。そんなアホみたいな考えでいるから、ブツを略取されたりするんだ、と思われちまう。

ま、いままでの銀行の主張は、ぼくには虎髭流であったように思えてならない。

ともあれ、本来しょいこまなくてもいい不安が小さくなるようなので、よしとしましょう。

ところで、こうしたキャッシュカードの不正払い出しを抑止する方法をひとつ、思いついたんです。それはカードに地雷番号をしこむ、という方法です。

「なんやねん、そのジライ番号って」
「うん。カードを作る時に暗証番号を申請するでしょ。その際に、地雷番号ってのも同時に申請するようにすんのよ。そして、だれか悪者が偽造カードかなんかで不正に払い出しを試みる際に、地雷番号を押しちゃったら、金が出ないのはもちろん、ベルは鳴るは、警備員は駆けつけるは、写真は撮られるはで大騒ぎになる」
「なるほど。そしたら地雷番号には誕生日とか電話番号とかのありがちな番号を指定しておくわけね」
「さすがお分かりが早い」
「でも、間違って自分で地雷を踏む老若男女が続出しそうだなあ」
「そういう人は地雷番号の申請をしなければいい。要は、すべてのカードに地雷がしこまれている必要はなくって、もしかしたら地雷があるかも、と悪漢に思わせればいいだけだから」
「とりあえず誕生日から試してみよう、なんてアプローチが実にリスキーになるわけね」
「そう。危なくって手出ししにくくなるでしょ」
「そうかもしれない。キャッシュディスペンサーはまず暗証番号、つぎに金額だから、素知らぬ顔をして、地雷番号を受け付け、紙幣を勘定しているふりをしている間に警備員が後ろから羽交い締めに、という流れにするなら、もっと効果が高いかもな」
「さすが悪知恵にはたけてますなあ。それも実際にすべてそうである必要はなく、そうなっているぞ、という認識があれば、容易にチャレンジできにくくなるでしょ」
「うーむ。もしかしたら効果的かも。でもこんなところで公表しちゃうと、この方法は公知の事実ってことになって、あんた、先取権を主張できなくなるぞ」
「いいのよ。どうせビジネスモデル特許をとったとしても、誰も買ってくれないだろうし、それに、今のところ金融機関を経営する予定もないしね」

実は「地雷」という概念(なんやねん)を思いついたのは、すでに何十年前の渋滞の高速道路上でした。

高速道路が渋滞すると、あろうことか路側帯をするすると駆け抜ける不埒なやつらがいます。路側帯は緊急時、および緊急車両のために空けておくことが、自分の安全を確保するためにもどうしても必要ですから、罰があろうがなかろうが、普通はやりません。当たり前です。でも、そこを気持ち良さそうに疾駆していく車を見ていると、なんというか、怒りがこみ上げると同時に、ちょっぴりうらやましい気分にもなる。

きゃつめらに最後までいい思いをさせてはならじと、路側帯にはところどころにコンクリートブロックが設置されています。でも、そこまで行くと、悪者どもは、本線に強引に割り込んでくる。割り込ませるのは業腹ですが、ぶつけてしまうのも何ですんで、どうしても数台に1台は割り込みを許容してしまう。やりたい放題じゃないですか。

そこで地雷。

「路側帯に地雷を埋めとくわけか」
「さよう。さあ、どんどん行きなされ、でも、どっかに地雷があるかもよ、ってね」
「それいいなあ。確実に隣の車までを巻き込まないような設計になっているなら、効果は抜群でしょう」
「そこまでの覚悟で路側帯を走るやつに対しては、怒りもわかないでしょ」
「うん。むしろ賞賛したい気持ちすらある。そこまで渋滞が嫌いならしゃあないわ、ってね」
「もちろんこんなことは実現できるはずがない。路側帯を走っただけで爆殺される社会なんて、ありえるはずもない」
「なんでや。別にいいと思うけどなあ」
「いやいや、あきませんって。でも、渋滞の高速道路でこういう妄想をいだくだけで、少しは溜飲もさがるってもんだよ」
「地雷がだめなら、せめて鉄ビシくらいはまいといてくれへんかなあ」

高速道路路側帯走りを地雷で抑止するというのは、まったくの妄想ですが、地雷番号付きキャッシュカードは、十分実現可能だと思うんですけどねえ。どうでしょう。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」25件、「平均面白度」4.72≫

いただいたコメント

あこ さんによるコメント
クレジットカードのなんたるかが判っていないんじゃない?サインがなければ、カードホルダーは払う必要はありません。[2006.02.09  #260]

Deco さんによるコメント
>#260

クレジットカードでなくキャッシュカードの話でしょ。[2006.08.03  #362]

ゆたか さんによるコメント
こんにちは、はじめてこのサイトを訪問したものです。

高速道路の路側帯のはなし、とっても興味深く読ませていただきました。はっきりいって地雷埋めたいです(笑)仕事で高速をよく利用するのですが、必ずといっていいほど割り込んでくる車に腹が立ちます。みんなルールを守って順番をまっているのに、わがもの顔で図々しく入ってくる。大抵は運転席までフィルム貼ってる高級車が多いですね。さすがに地雷とまでは行かないまでも緊急車両が走るときだけ上がる防護策とか、路側帯を走った場合には車両にペンキの入ったボールをぶつけて、料金所で捕まえるとか(笑)・・料金所では10倍の料金を自動的に徴収するとか。真面目な人が損をしないようなしくみが必要です。[2006.09.01  #367]

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません