2 カラス天狗の跳梁
  [初出] 2005.03.01  [最終更新]  [平均面白度] 5  [投票数] 6  [コメント数] 1
現在町中にカラス天狗が跋扈している。

いえね、「超立体」と称するマスクを着用されていることなんですけどね。ありゃまるでカラス天狗に見えてしまう。ぼくは幸いにして未だ花粉症にとりつかれてはいないが、今年は花粉の量がハンパじゃないということで、このようなことになっているのだろう。

件のマスクは昨年も売ってはいたが、町中での着用者は通常マスクに比してきわめて少なかったが、今年の両者の勢力分布は完全に逆転したように見える。さきほど商店街を200mほど歩行した中で、カラス天狗10名以上に対して。トラディッショナルなマスクはたった1名だった。

おもうに、古典的なマスクは吐息とかでベチャベチャしてくるし、ゴムの締め付けもうっとうしいものだが、カラス天狗式はそのようなことがないのだろう。

あのマスクは着用すると、なかなかアバンギャルドなファッションになる。かっこいい。ただ、ゆいいつの不満は、どうみてもあれは「未完成品」のように見えてしまうことだ。だって、あまりにも真っ白でしょ。なんだか試作品のモックアップのように見えてしまう。

全体をベージュで塗り、動物のヒゲのようなものを赤で描くとか、虎柄にするとか、水玉を付けるとか、まさにカラス天狗のように、メタリックブラック仕上げにするとか……。

そうすればめちゃくちゃカッコいいのになあと思う。そしたら、「あ、あのひとも花粉症か。かわいそうになあ」という視線から一転し、お、斬新、わたしもソレつけてみようかな。どこに売ってるの? ってことになるに違いない。

惜しい。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」6件、「平均面白度」5≫

いただいたコメント

かとです さんによるコメント
台湾では、ごくふつうにおしゃれ、というかお遊びなマスク売ってまっせ。
バイクに乗ってる人たちは、動物ものとかで走ってたもの。
おみやげに買う人も多いらしいですよ。[2005.03.03  #162]

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません