6 アプローチの大きな違い
  [初出] 2004.02.21  [最終更新]  [平均面白度] 4  [投票数] 7  [コメント数] 0
ぼくはいわゆるところの「ホームページ作成ソフト」はほとんど持っていない。ネスケやモジラにはその機能が付いているわけだから、持っているといや、持っているわけだが、まるで使っていないし、あとはコンピュータを買ったらおまけでついてきた「ホームページビルダー」があるくらい。

このサイトにしても、基本的にはぜんぶエディタで手打ちで作成している(MySQL+PHPをローカル環境で動かして自動生成し、それをFTPで同期をかけてこのサイトにアップしているのだが、テンプレートというか、そのモトになっているHTMLはあくまで手でぜんぶ打っている)。

この作業スタイルに対して、たとえばPOTの日高氏などは、まるで爬虫類かなにかを見るような目つきをする。よーやるなー、あほちゃうか、と思っているのだろう。そりゃ、ぼくの方が随分年上でもあるため(親子ほどと言ってもいいだろう。その場合かなりのヤンパパになることになるが)、口に出しては言わないけれど、その気持ちはひしひしと感じる。

彼の視線は、しかし、あながち軽蔑とは言い切れない。ある種の「ソンケー」というか「ケーイ」のような部分は多少であるが含まれている。セキスイハイムかなんかで建てた立派な家に住む人が、全部自力で建築した小屋に住む男に対する感情に近いといえばいいだろうか。

彼とは公私共々、いろんなことを一緒にやってきた経緯がある。風呂にだって一緒に入ったこともある。だから、いままでいろんな議論を行ってきたのだが、つらつら考えてみると、彼との議論は、いつも、この「セキスイハイムVS自力小屋」間でどっちをとるか、という色彩を持っていることに気が付いた。

なにかを実現しなきゃならない、という共通のテーマがある。ぼくが最初にやるのは、その要求内容を紙の上に図に書いて、自分の現在手持ちの技術と能力でどこまでできるか、どうやってできるかを考えることだ。彼は要求水準を満たすツールをググり始める。そして「PukiWikiを使ってみればどうでしょう?」なんて言うわけだ。ぼくは(極端に言うと)「ハイパーカードでできないかな」とかと考えている。

それぞれが個別に取り組むことでは、アタリマエのことだが、それぞれの嗜好が全面的に反映されてしまう。だからぼくは先にも書いたように、このサイトはローカルのマシンでMySQL+PHPで作成した静的ファイルをサイトに同期をかけるというカタチで作っているし、それとほぼ同じ方法をPOTで連載している「デジタル・シゴト・技術」でも(無理言って)採用してもらった。かれの個人ページは「Movable Type」を使って作られている。

SQLって言おうがMovable Typeって言おうが、技術であることは変わりがなく、世間一般の方々からすれば、妙なことができるヘンなヤツに過ぎないのだろうし、その点はまったく同じだと見なされてしまうのだが、ふたりの間では、大きく違う。

かれは、ページを作ろうと思った時にMovable Typeに初めてさわったわけだし、ぼくはMySQLが使えてから、このページに反映しようと思ったのだ。つまり、目的のために手段の学習を始めるのではなく、手持ちの技術で目的を達成しようと考えるのがぼく。目的に最適な手段を世間から探し、その手段を取り入れよう、というのが彼。

現状の技術では目的が達成できそうにないばあい、「なんとか仕様を変更してもらおうぜ」というのがぼく。「このツールを使えばなんとかなりそうですぜ」というのが彼である。

もちろん、そういう彼と共同作業を行うことは、ぼくの方には非常にメリットがある。たとえばあるサイトの制作時にしたって、最初はすべてのHTMLタグをPHPの中に直接書き込んでいた。echo文を使って書き出すのである。彼がものすごく強硬にHTMLテンプレートというツールを併用すべきだと主張した時も、かなり頑固に抵抗した。新しいものを勉強したくなかったからだ。でもあまりに強く言うものだから、ついつい押し切られちゃったのだが、それが、まあ、アナタ。夢のような効率改善になっちゃった。そういうこともある。

彼の方がぼくのやり方に恩恵を受けるケースは、ぼくには想像が付かないのだが、たぶん、なくはないだろう。

でね。いまぼくは大変興味があるのは、彼とぼくの違いっていったいどのように考えればいいのだろうか、ってこと。

性格とか思想とかの深い部分と何か関係があるのだろうか(ありそうだけど)。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」7件、「平均面白度」4≫

いただいたコメント

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません