21 馬鹿な夢
  [初出] 2004.06.14  [最終更新]  [平均面白度] 4.25  [投票数] 4  [コメント数] 0
猫問題の進展についても報告しなくちゃならないのだが、今朝、妙な夢を見たので、その報告。短いです。

友人とぼくが話をしている。友人が具体的なダレということはわからない。つまり「映像がない」夢なんですね。こういう夢もよく見る。

「中朝国境沿いの中国領って、すんでいるのが全員朝鮮族じゃないか。だったら本来はあのへんは北朝鮮の領土でしょ」

彼はいう。「全員朝鮮族」なんてことはないとは思うのだが、そこはそれ、夢のことだから、それが真実であるとして、夢の中のぼくはすかさず答える。

「あほ。そんなルールにしたら、新大久保は中国にとられてまうで。職安通りに万里の長城ができるわ」

なにを馬鹿なことを言っているんだ、と夢見ているぼくは思い、その笑いで目が覚めた。

ま、ただそれだけなんですけど。

なんでこんな夢を見たのか、まったく不明。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」4件、「平均面白度」4.25≫

いただいたコメント

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません