12 左も右もあけない
  [初出] 2004.03.26  [最終更新]  [平均面白度] 4.07  [投票数] 14  [コメント数] 0
急いでいる人のために、エスカレーターのどちらをあけるかということがよく話題になる。大阪では左、東京では右をあけるのがスタンダードだとか。

でもはっきり言って、どちらも間違いだとぼくは思うのだ。

それは両手に重い荷物をぶら下げてエスカレーターに乗ってみればわかる。特に下りの。それはかなり恐ろしい体験になるはずだ。背後からどすどす追い越していく「歩く人」たち。バランスを崩しそうになる。

自分の体を十全に支えることができない人は多いだろう。高齢者とか妊婦だけじゃない。エスカレーターは基本的にはそういう人のためにこそあるべきものだ。それなのに「急ぐ人のために片側をあける」なんてのは、むちゃくちゃなルールである。

急ぐなら、階段を使えばよい。階段が併設されていない(エスカレーターだけしかない)のは駅側の不備である。

実際、エスカレーターで「歩く人」と接触して転倒するなどの事故も起こっているらしい。もしおおごとになれば、「お急ぎの方のために右側をあけてください」なんてことをアナウンスしている駅側の責任は大きい。

これはぼくの個人的な意見ではなく、日本エレベーター協会のFAQページにも「歩くな・走るな」とある。

まずは「歩かないのが正しい」という常識を浸透させていく必要があると思う。あぶないで。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」14件、「平均面白度」4.07≫

いただいたコメント

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません