6 再来
  [初出] 2004.03.11  [最終更新]  [平均面白度] 4.25  [投票数] 4  [コメント数] 0
ヒキガエルですけど。

前に書いたように、2月25日からはじまった産卵は、翌25日、28日と続いた。例年に比べると、非常に早い時期に集中している。このぶんでいくと、もう大変なことになっちゃうね、と思っていたのだ。

3月1日の月曜日は、いきなりの大寒波。東京では午前中から白いものがちらちらする天気だった。

この日を境に、たくさん集まってきていたカエルは一気にいなくなった。1日の夜には、それでもまだ1匹は確認できたのだが、2日以降は、まったくみつからず。

例年はだらだらと3月の下旬まで続く産卵シーズンも、ことしはこれで終わりか。

「前倒し」ってんですか。そんな単語が思い浮かぶ。気候がこうなるのをあらかじめ予測していたのか。

でも、シーズンがはやく終わってしまうのは何とも残念だなあ、と思っていたのだが、10日ほどたち、とても暖かかった本日3月11日、夕方6時ころ、ココココという聞き慣れた声。

探索したところ、5匹ものカエルを発見しました。全員オスの模様。

探索の目からのがれようと、必死の努力をはらうやつ


なんだかなあ、びっくりしました。

通路で待ち受けるやつ。一見賢そうにみえるが、じつはそうでもない



《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」4件、「平均面白度」4.25≫

いただいたコメント

コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません