2 豊年満作なのか、ホントに
  [初出] 2004.02.23  [最終更新]  [平均面白度] 4  [投票数] 1  [コメント数] 1
シーズンが始まった。

去る20日(金曜日)の夜、はじめて池の周りで3匹のヒキガエルを見た。21日の夜にもやはり同じ数のオスが確認できた。

22日の昼間には5匹。

その後、庭のそこここでリリースコールが聞かれた。その声が嵐を呼んだのだろうか。午後遅くから疾風怒濤っていうしかないような天候になった。

雨の中でカエルたちの声が大きく響く。そこで雨のなか確認してみると、懐中電灯の光の下で発見できただけでも14匹。

これは例年に比べると、非常に多い。

どうなってんだ? これ。豊年じゃ、満作じゃってことか。
《→このページの先頭へ》

この記事は面白かったですか?

お読みになっての印象を5段階評価のボタンを選び「投票」ボタンをクリックしてください。

つまらなかった           おもしろかった  

 

≪この記事に対していただいた「投票」1件、「平均面白度」4≫

いただいたコメント

ポストイッター さんによるコメント
2000年のカエルたちが故郷に帰ってきたのではないでしょうか。鮭のように帰巣本能はないんでしょうかねぇ。[2004.02.23  #4]
☆ホントに帰ってきたんだらいいんですけどねえ。帰巣本能うんぬんってのは、まだちゃんとわかっていない模様です。だいいち、ウチの池にしたって6年前まではなかったわけですから。(いしだ)


コメントを書く

  
メールアドレスはWeb上では公開されません